脱毛サロンに行く前に~準備や服装について。

脱毛サロンに行く前に~準備や服装について。

脱毛サロンに行く前には準備が必要です。
まず必要となるのが脱毛したい部位のシェービングです。
脱毛サロンで受けられる光脱毛では、黒い色に作用する光を照射しています。
体毛の毛根にある黒い色のメラニンに光を作用させ、熱変性により脱毛させると言う仕組みになっています。
ところが体毛が生えたままだと、その生えた体毛に光が吸収され脱毛効果が薄れてしまいます。

部位によって伸びるスピードが異なりますが、1日0.3ミリほどと言われています。
脱毛サロンによっては1ミリから2ミリ表面から出ているだけで施術前にシェービングが必要と言われることがあります。
そのため予約を入れた日の前日から2日前にはシェービングを行いたいところです。

剃り忘れや剃り残りがあった場合、無料でシェービング、有料でシェービングなど脱毛サロンによって対応が異なります。
特定部位は無料でシェービングしそれ以外は施術NGと言う脱毛サロン、自前のシェーバー持参が必要と言う脱毛サロンもあります。
脱毛サロンがシェービング対応を行うには時間がかかります。
時間がかかると予約枠が少なくなり、予約の取りにくさに繋がるため、お客さんにシェービングをお願いしているのです。
対応できる脱毛サロンでも、体毛が伸びすぎていると施術NGとなることがあります。
カウンセリングを受けたときにシェービング対応がどうなっているのか質問しておいて下さい。

カミソリでは刺激が強く肌荒れや色素沈着の恐れがあるため、専用シェーバーを使用すると良いでしょう。
専用シェーバーをいつも携帯しておけば、忘れて来店したときでもすぐにシェービングが行えます。

その他にも脱毛前に注意したい点がいくつかあります。
一つは日焼けしないことと言う点です。
日焼けすると皮膚にメラニンが増えるため、光の作用により火傷のリスクが高まります。
多少なら問題ありませんが黒くなり過ぎると施術NGと言われてしまうのです。
飲酒や角質ケアなども直前には行わないで下さい。

脱毛サロンに行くときの服装は特に気にすることはありません。
しかしまるで高級ホテルのような内装の脱毛サロンだと普段着では来店しにくいことがありました。
特別なオシャレをする必要は無いものの、ある程度きれいな服装で来店したいところです。
施術を受けるときは着替えすることが必要です。
上半身だけの施術なら脱ぐのは上半身だけ、下半身だけの施術なら脱ぐのは下半身だけと言う場合があります。
脱ぎやすい服装で行くと良いでしょう。
アクセサリーは外さないと施術が受けられないことが多いです。
付け過ぎると外すのが面倒になるため、最小限にしたほうが良いです。

コメントを残す